ヘアアイロンで髪のアレンジのすすめ

アレンジを生かすために!髪のお手入れをしよう

アイロン前とアイロン後のケアが大事

髪を痛ませず、綺麗な状態を保つためには、必ずヘアアイロンをする前とした後にケアをするようにしましょう。

まず、大前提として、髪が濡れた状態でヘアアイロンをしてしまうと、髪についている水分が蒸発するのと同時に、髪の中の水分も蒸発してしまい、ひどく痛んでしまいます。
ですから、髪が濡れた状態でヘアアイロンはおこなわず、髪をしっかり乾かすようにしましょう。
そして、髪を乾かすときに、保湿剤などをつけておくとダメージを減らせますので、おすすめです。

また、ヘアアイロンをし終わった後でも、保湿剤を用いるとダメージを最小限に抑えることができるので、積極的に取り入れてみるとよいでしょう。
オイル配合の保湿剤をしっかりと毛先を中心に馴染ませることで、ケアすることができます。

ダメージ与えにくいヘアアイロン

ヘアアイロンの中には、髪にダメージを与えにくいタイプのものもあり、このようなアイロンを使うと髪の状態をよく保つことができます。
日々の髪のケアとあわせて、このようなダメージの少ないヘアアイロンを用いることで、より効果が出ますので、これからヘアアイロンを選ぶ際には、そのような機能の有無を確かめてみるとよいでしょう。

例えば、オゾン照射機能や、マイナスイオン照射機能が備わっているヘアアイロンですと、ダメージケアをおこなうことができ、髪への負担が少ないです、
また、低温度でしっかりとカールが出来るアイロンの場合には、熱による髪の変性を防ぎ、髪へのダメージを軽減させられます。

髪をしっかりと保護してあげることが、巻き髪ヘアを楽しむことに繋がっていくでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る