ヘアアイロンで髪のアレンジのすすめ

ヘアアイロンを使って!髪のアレンジの種類を広げよう

プレートタイプとバレルタイプについて

ヘアアイロンの種類の1つとして、プレートタイプと呼ばれるアイロンの先端部に金属プレートがついたものがあります。
このプレートタイプは、主に髪をストレートに、つまり真っ直ぐにするために用いられることが多く、巻き髪づくりにはあまり使いません。
くせ毛の方が髪を伸ばすのに使用したり、さらさらとしたストレートづくりに役立つヘアアイロンになります。

もう1つは、バレルタイプと呼ばれるアイロンの先端部がプレートタイプとは異なり、丸型の構造をしているものになります。
いわゆる「コテ」という通称で、馴染み深いタイプのものではないでしょうか。
バレルタイプは、カールをつくるためのアイロンであり、先端の丸い金属部に髪を挟みこみ巻き付けることで、カールをつくることが可能です。

2wayタイプとホットロールブラシとは

ストレート用のプレートタイプと、カール用のバレルタイプの両方の特徴を併せ持ったヘアアイロンが、2wayタイプになります。
この2wayタイプと呼ばれるものにも2種類あり、基本はプレートタイプの形態をしており、アタッチメントを取り付けることでカールがつくれるものと、コテとプレートの両方が1つに合わさっているものがあります。
値段は、ストレートと巻き髪の両方ができるため、プレートタイプ単体や、バレルタイプ単体よりもやや高めの傾向にあるようです。

ホットロールブラシというのもヘアアイロンの1種で、形はバレルタイプのように先端が丸みを帯びているものですが、金属ではなくブラシがついているものになります。
ドライヤーのようにブラシ部分から送風することにより巻き髪をつくるもので、軽くクセづけをするのに適したものになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る